IT TOWER TOKYO

IT TOWER TOKYOは、東京都豊島区西池袋三丁目で建設中の地上27階、地下4階、高さ140.124mの超高層ビルです。立地は、東側を劇場通り、北側を都道441号に面した場所に建っていた「池袋マルイ」跡地に位置しています。

施設構成は、地下4階~地下2階に駐車場、地下1階~地上4階に商業施設、1階~2階にオフィスエントランス、5階にカフェテリア、6階~25階にオフィス、26階~27階に機械室となります。また、地下通路にて「池袋」駅と直結します。
オフィススペックは、基準階面積が291坪(963.2㎡)、天井高3,000mm、OA高さ100mm(6、15、25階300mm)、床荷重500kg/㎡(ヘビーデューティーゾーン1,000kg/㎡)、OAコンセント容量60VA/㎡となっています。

構造面では、AMD、オイルダンパー、アンボンドブレースダンパーを用いた制振構造を採用し、4階上部にベルトトラス、26階にハットトラスを設け、水平剛性を高めて強風時の居住性改善や、地震時の変形抑制に効果を発揮するものとされています。
環境性能面では、コージェネシステム(CGS)を採用しているほか、外気冷房・自然換気といった自然エネルギーを有効に活用、屋上に約30kwの太陽光パネルを設置し、オフィス部分でZEB Ready認証を取得しています。

建築主はカシワエステート合同会社、設計は清水建設株式会社、施工は清水建設株式会社です。既存建築物解体着手は2021年10月1日、着工は2023年5月18日、竣工は2025年12月下旬となっています。

出典・引用元

IT TOWER TOKYO 公式サイト

過去の建設状況

→過去の建設状況


出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

概要

名称 IT TOWER TOKYO
計画名 (仮称)池袋西口プロジェクト
所在地 東京都豊島区西池袋三丁目28番4、5、6、9、10
用途 事務所、店舗、自動車車庫
階数 地上27階、地下4階
高さ 140.124m (最高140.124m)
構造 鉄骨造、 一部鉄骨鉄筋コンクリ ート造、鉄筋コンクリ ート造
制振構造 (AMD、オイルダンパー、アンボンドブレースダンパー、ハットトラス、ベルトトラス)
基礎工法 杭併用直接基礎
敷地面積 3,348.29㎡
建築面積 1,944.68㎡
延床面積 41,639.19㎡
着工 2023年5月18日
既存建築物解体着手:2021年10月1日
竣工 2025年121月下旬
建築主 カシワエステート合同会社
設計 清水建設株式会社
施工 清水建設株式会社
最寄駅 JR、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロ「池袋」駅
備考 ▼施設構成
地下4階~地下2階:駐車場
地下1階~地上4階:商業施設
1階~2階:オフィスエントランス
5階:カフェテリア
6階~25階:オフィス
26階~27階:機械室
 
 
 

位置図

標識

断面図

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

イメージパース

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

施設構成・イメージ

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

「外観」の完成予想パースです。

 

 

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

「オフィスエントランス」の完成予想パースです。

 

 

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

「西口五差路側メインエントランス」の完成予想パースです。

 

 

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

「エチカ連絡通路C4入口から地上部へのエスカレーター」の完成予想パースです。

 

 

出典:IT TOWER TOKYO 公式サイト

「オフィスフロア」の完成予想パースです。

 

 

2024年6月建設状況

北東側から見た建設中のIT TOWER TOKYOの様子です。撮影時は、8階付近の鉄骨建方が進められていました。

 

 

北東側から見た建設中のIT TOWER TOKYOの低層部分の様子です。

 

 

4階上部にベルトトラスも姿を現しており、施工階付近ではオイルダンパーが設置されていることも確認できます。

 

  

西口五差路側メインエントランス部分の様子です。敷地が狭いためか作業用の構台となっているようです。

 

 

北西側から見た建設中のIT TOWER TOKYOの様子です。

 

 

南西側から見た建設中のIT TOWER TOKYOの様子です。

 

 

南側から見上げた建設中のIT TOWER TOKYOの様子です。

 

 

南東側から見た建設中のIT TOWER TOKYOの様子です。

最終更新日:2024年7月3日

タイトルとURLをコピーしました