うめきた公園

うめきた公園は、大阪府大阪市北区大深町で開発が行われている「グラングリーン大阪 (GRAND GREEN OSAKA)」の街区中央に位置し、大規模ターミナル駅直結の都市公園としては世界最大級の規模となる約45,000㎡の面積となる都市公園です。

オフィス・商業施設・中核機能・ホテル・分譲住宅等で構成する民間宅地と一体的かつシームレスに整備され、先導的な省CO2技術を積極的に導入するほか、大規模災害時に広域避難場所として機能する都市公園として周辺地域のレジリエンス強化に寄与する等、サステナブルな社会の実現に貢献するものとされています。

『未来へのひらめきと原動力となる「みどり」』をデザインコンセプトに、民間宅地を含めた敷地全体を一つの「みどり」の大地として捉え、一体的かつシームレスに計画されています。南公園は都市的な空間、北公園は緑が多く自然豊かな空間としており、最大高さ約3mのランドフォーム(盛土)を、南北公園を跨いでうねるように配置することで、3つの主要空間「リフレクション広場」・「うめきたの森」・「ステッププラザ」を整備することで奥行きや立体感のある空間・景観の創出をするものとされています。
また、道路を挟んだ南北公園を、上空通路「ひらめきの道」により繋ぐことで、一体性を高め、南北公園への池・滝などもある水景や桜の配置により、象徴的な風景を創出し、自然を楽しめる名所が設けられます。

多数の公園施設も配置され、サウスパーク(南公園)には天然芝と水盤のある「リフレクション広場」も整備、大屋根イベントスペースとの一体利用により1万人規模のイベント開催も可能となります。また、公園やまちの総合的なインフォメーション施設となる「情報発信棟」、リフレクション広場の高質な芝生やイベントを楽しみながら憩うことのできる飲食施設「カフェ・レストラン棟」のほか、「スポーツキューブ」、「パーティーレストラン」、「ネクストイノベーションミュージアム」、「エデュテインメントキューブ」などが整備されます。

水資源循環への貢献や生物多様性への配慮、防災対策といった面では、バイオスウェールや浸透トレンチ、砕石貯留槽などのグリーンインフラ技術の活用により、雨水の地下浸透を促すことで域外流出を抑え、内水氾濫抑制に寄与するほか、淀川や大阪城公園における生態調査から以下の様な誘致目標種を掲げ、これら生物の生息に配慮した環境を計画、防災公園街区整備事業において、「広域避難場所の機能を有する都市公園」として整備され、地震・火災等の大規模災害時に一時避難者の受け入れが可能な計画とされています。

都市公園整備主体は大阪市・独立行政法人都市再生機構、都市公園の基本設計は株式会社日建設計、株式会社三菱地所設計、実施設計は株式会社日建設計、公園施設全体の基本設計・実施設計は株式会社日建設計、(仮称)ネクストイノベーションミュージアムの設計監修は安藤忠雄建築研究所、大屋根の基本設計・実施設計は有限会社SANAA事務所、施工は都市公園が大林組・竹中工務店・竹中土木特定建設工事共同企業体、公園施設がうめきた2期共同企業体です。着工は2022年5月16日、先行開園は2024年夏頃、全面開園は2027年春頃となっています。

→グラングリーン大阪全体の概要


出典:三菱地所株式会社

概要

名称 うめきた公園
計画名 (仮称)うめきた公園
大阪都市計画公園5・4・32号大深町公園
所在地 大阪府大阪市北区大深町
用途 賑わい創出機能、イノベーション機能、飲食機能
敷地面積 約45,000㎡ (約4.5ha)
延床面積 公園施設:約11,000㎡
着工 2022年5月16日
竣工 先行開園:2024年夏頃
全面開園:2027年春頃
建築主 都市公園整備主体:大阪市・独立行政法人都市再生機構
設計 ▼都市公園
基本設計:株式会社日建設計、株式会社三菱地所設計
実施設計:株式会社日建設計
デザイン提案など:事業者JV
デザインリード:GGN
デザイナー:株式会社日建設計
照明デザイナー:有限会社内原智史デザイン事務所
サインデザイナー:株式会社井原理安デザイン事務所
サインプロジェクトマネジメント:株式会社メック・デザイン・インターナショナル

▼公園施設
公園施設全体 基本設計・実施設計:株式会社日建設計
(仮称)ネクストイノベーションミュージアム 設計監修:安藤忠雄建築研究所
大屋根 基本設計・実施設計:有限会社SANAA事務所
施工 都市公園:大林組・竹中工務店・竹中土木特定建設工事共同企業体
公園施設:うめきた2期共同企業体(構成企業:株式会社竹中工務店、株式会社大林組)
最寄駅 JR「大阪」駅、阪急電鉄「大阪梅田」駅、Osaka Metro「梅田」駅
備考
 
 
 

位置図

配置図

出典:三菱地所株式会社

施設構成

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

施設構成・イメージ

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「リフレクション広場」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「大屋根イベントスペース」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「リフレクション広場」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「段丘状の丘・薄層の水盤」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「エントリーガーデン」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「石壁と滝」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

ダイナミックな水景(池・滝)のある憩いの空間「うめきたの森」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「水景施設」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「上空通路「ひらめきの道」」の完成予想パースです。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「ネクストイノベーションミュージアム」の完成予想パースです。新しい製品や技術、サービス、アートなど、ライフデザイン・イノベーションに資する「モノ」や、イベント・プログラム等のさまざまな「コト」に触れられる、天井高さ15mを誇る大展示室を擁したミュージアムとなります。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「エデュテインメントキューブ」の完成予想パースです。こどもから大人までが、屋内外でのアクティビティや多様なプログラムを通じて、「あそび」と「学び」を体験することができる施設となります。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「ビューレストラン」の完成予想パースです。緑豊かな公園から生み出される四季折々の景色を 楽しむことができる飲食施設となります。

 

 

出典:グラングリーン大阪 公式サイト

「パーティーレストラン」の完成予想パースです。

 

 

出典:三菱地所株式会社

「生物多様性への配慮」のイメージです。

 

 

出典:三菱地所株式会社

「主な植栽配置計画」のイメージです。

 

 

2024年1月建設状況

サウスパーク(南公園)

西側から見た整備が進められているうめきた公園 サウスパーク(南公園)の様子です。

 

 

東側から見た整備が進められているうめきた公園 サウスパーク(南公園)の様子です。サウスパーク(南公園)には大屋根広場が設けられます。

 

 

街区東西を貫く道路とその両側に整備される「ステッププラザ」の様子です。

 

 

上空通路「ひらめきの道」の整備が進められていました。

 

 

北西側から見たうめきた公園 サウスパーク(南公園)の様子です。

 

 

整備が進むうめきた公園 サウスパーク(南公園)の西側に位置する「パーティーレストラン」と「スポーツキューブ」の様子です。

 

 

南側では、地上3階、地下1階の駅、飲食店舗、物販店舗から構成される駅ビル「西口広場整備事業/JR WEST LABO」の建設が進められています。

 

 

大屋根

リフレクション広場で整備が進められているSANAAによるデザインの「大屋根」の様子です。

 

 

大屋根を拡大した様子です。南北約120mにドーム形の屋根が3つ連なります。大屋根の下には、イベントスペースや情報発信棟、飲食スペースが入ります。

 

 

ノースパーク(北公園)

撮影時は、既に街区東西を貫く道路の歩道が一部途中まで歩行可能な状態となっていました。

 

 

整備が進められているうめきた公園 ノースパーク(北公園)の様子です。上空通路「ひらめきの道」が途中まで整備されていました。

 

 

最大高さ約3mのランドフォーム(盛土)の整備も進められていました。立体感ある景観が創られます。

 

 

北西側から見た整備が進められているうめきた公園 ノースパーク(北公園)の様子です。

  

 

(仮称)ネクストイノベーションミュージアム

南側から見た整備が進む公園施設「(仮称)ネクストイノベーションミュージアム」の様子です。

最終更新日:2024年1月18日

タイトルとURLをコピーしました