新宿駅西口地区開発計画

新宿駅西口地区開発計画は、東京都新宿区西新宿一丁目で建設中の地上48階、地下5階、高さ258.15mの超高層ビルです。

立地は、小田急線「新宿」駅直上及び、地上8階、地下3階、高さ41.32m、1966年竣工の既存建築物「新宿地下鉄ビルディング」、坂倉準三建築研究所設計、地上14階、地下2階、高さ59.05m、1967年竣工の既存建築物「小田急新宿駅ビル」跡地に位置しています。都市再生特別措置法に基づく特定都市再生緊急整備地域内に位置しており、「新宿の拠点再整備方針」、「新宿グランドターミナル・デザインポリシー 2019」等の上位計画および立地特性等を踏まえ、新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備や国際競争力強化に資する都市機能の導入、防災機能の強化と環境負荷低減等がなされます。

施設構成は、地下4階に機械室等、地下3階~地下2階に駐車場等、地下1階~地上10階に商業施設、地下1階~地上1階に交通広場、東西自由通路、小田急線新宿駅、西口改札、2階に新設改札、東西デッキ、南北デッキ、南口改札、情報発信機能、11階に機械室、12階~13階にビジネス創発機能、14階にスカイコリドー、14階~15階に機械室、16階~46階にオフィス、47階に機械室、48階に商業施設となります。地下1階と地上1階には「交通広場」の整備が進められ、東西・南北をつなぐ歩行者ネットワークの整備、2階に小田急線「新設改札」の設置が行われます。また、3階、4階には交流広場、9階~14階にはスカイコリドー、駅前広場は歩道や車道の表層等の整備もなされます。

超高層ビルの高さは新宿区では東京都庁(地上48階、高さ243.40m)を抜いて最高層となる見込みです。小田急新宿駅1階には快速急行やロマンスカーのホーム、地下には各駅停車のホームがあることから、超難関な建設工事になるものと思われ、総事業費のうち、小田急電鉄および東急不動産の投資予定額は2,000億円程度とされています。
2020年9月に内閣府の国家戦略特別区域会議、第18回東京都都市再生分科会において概要が発表され、2022年2月9日には小田急電鉄と東京メトロに加えて東急不動産も参画する共同事業者候補として選定、2022年7月15日には施工が大成建設であることが公表されています。また、2022年10月2日に小田急百貨店本館が閉店、着工が2022年10月となり、外観デザインも以前よりコントラストが効いた色調となったほか、一部変更されました。

建築主は小田急電鉄株式会社、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)、東急不動産株式会社、設計は日本設計・大成建設設計共同体です。既存建築物の解体着手は2022年10月3日、着工は2024年1月上旬、竣工は2029年9月下旬となっています。

出典・引用元

小田急電鉄株式会社/東急不動産株式会社 新宿駅西口地区開発計画における新たな共同事業者参画に係るお知らせ
内閣府 第18回 東京都都市再生分科会 資料7 都市再生特別地区(新宿駅西口地区)都市計画(素案)の概要
小田急電鉄株式会社・東京地下鉄株式会社 新宿駅西口地区の開発計画について

過去の建設状況

→過去の建設状況


出典:小田急電鉄株式会社/東急不動産株式会社

概要

名称 新宿駅西口地区開発計画
計画名 (仮称) 新宿駅西口地区/新宿駅西口地区開発計画
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目1番4、1番5、129番3、129番6及び新宿三丁目1000番4他
用途 店舗、事務所、駅施設
階数 地上48階、地下5階、塔屋1階
高さ 258.15m (最高258.15m)
構造 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法 パイルドラフト基礎(地中連続壁・杭と直接基礎の併用基礎)
敷地面積 15,718.98㎡
建築面積 15,630.20㎡
延床面積 279,057.38㎡
着工 2024年1月上旬
解体着手:2022年10月3日
竣工 2029年9月下旬
建築主 小田急電鉄株式会社、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)、東急不動産株式会社
設計 日本設計・大成建設設計共同体
施工
最寄駅 JR、小田急電鉄、京王電鉄、東京メトロ、都営「新宿」駅、都営大江戸線「都庁前」駅、東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅、都営大江戸線「新宿西口」駅、西武新宿線「西武新宿」駅
備考 ▼施設構成
地下4階:機械室等
地下3階~地下2階:駐車場等
地下1階~地上10階:商業施設
地下1階~地上1階:交通広場、東西自由通路、小田急線新宿駅、西口改札
2階:新設改札、東西デッキ、南北デッキ、南口改札、情報発信機能
11階:機械室
12階~13階:ビジネス創発機能
14階:スカイコリドー
14階~15階:機械室
16階~46階:オフィス
47階:機械室
48階:商業施設
 
 
 

位置図

標識

▼解体工事のお知らせ①

▼解体工事のお知らせ②

区域図

出典:内閣府

配置図

出典:内閣府

立面図

出典:新宿区

断面図

出典:新宿区

イメージパース

出典:小田急電鉄株式会社/東急不動産株式会社

▼当初計画

出典:内閣府

施設構成・イメージ

出典:内閣府

新宿駅西口地区開発計画の夜景完成予想パースです。

 

 

出典:内閣府

「2階・東西デッキ グランドシャフト」の完成予想パースです。

 

 

出典:内閣府

「13、14階・ビジネス創発機能 吹き抜け」の完成予想パースです。

 

 

出典:内閣府

「新宿駅直近地区に係る都市計画案について」による新宿駅の将来イメージです。

 

  

出典:内閣府

「駅とまちの連携を強化する重層的な歩行者ネットワークの整備」のイメージです。

 

 

出典:内閣府

小田急線の「新設改札」の完成予想パースです。

 

 

出典:内閣府

「東西・南北をつなぐ歩行者ネット ワークの整備(2F、3F)」のイメージです。

 

 

出典:内閣府

ダイナミックなスケールの「スカイコリドー」の完成予想パースです。低層部分は初期に公表されたものと後に公表されたものと外観デザインが若干異なります。

 

  

出典:内閣府

「ビューテラス」の完成予想パースです。

 

 

出典:内閣府

西武新宿駅側より計画地を望むの完成予想パースです。

 

 

出典:内閣府

「西側(西口駅前広場側)から東側を望む」の完成予想パースです。

 

 

出典:新宿区

「セントラルプラザに向けオープンで賑わいの感じられる計画」のイメージです。

 

 

 

出典:新宿区

「甲州街道沿いの景観に配慮したボリューム構成と駅としての設えの形成」のイメージです。

 

 

出典:新宿区

カーテンウォールの矩計図です。

 

 

2023年9月既存建築物解体状況

南西側から見た既存建築物の解体、除去が進む新宿駅西口地区開発計画の様子です。

 

 

北西側から見た既存建築物の解体、除去が進む新宿駅西口地区開発計画の様子です。

 

 

新宿駅西口地区開発計画の仮囲い部分の様子です。仮囲いには再開発事業の内容についての掲示がなされていました。

 

 

小田急線「新宿」駅の出入口付近の様子です。

 

 

小田急線新宿駅の「西口地上改札」の様子です。天井板が外され、仮囲いで覆われてこちらも工事が進められています。

 

 

小田急線新宿駅構内の様子です。地下1階と地上1階にホームが設けられています。

 

 

甲州街道側は地上8階、地下2階、高さ55mの店舗や駅施設から構成される計画となっています。

 

 

北東側から見た既存建築物の解体、除去が進む新宿駅西口地区開発計画の様子です。

 

  

南側から見た既存建築物の解体、除去が進む新宿駅西口地区開発計画の様子です。

2023年9月3日撮影

最終更新日:2023年10月21日

タイトルとURLをコピーしました