新日本消防会館 建設工事

新日本消防会館 建設工事は、東京都港区虎ノ門で建設中の地上14階、高さ69.38mの超高層ビルです。立地は、虎ノ門ヒルズ西側隣接地に位置しており、従前の日本消防会館は築後約40年を迎え、老朽化や耐震改修の必要性があることから、単独改築となっています。新会館建設に伴い、幅広い消防防災関係者の集結拠点とするほか、情報交流や連携協力、研究拠点を実現するという目標があり、日本消防の総合的な中核拠点となります。

フロア構成は、地下2階に駐車場、機械諸室、地下1階に飲食店等、地上1階に日本消防防災情報センター、エントランス、2階に会議室、ホワイエ、3~5階にニッショーホール、6~12階にオフィスが入り、屋上には全国消防殉職者慰霊碑が設けられることとなります。

建築主は公益財団法人日本消防協会、設計は株式会社三菱地所設計、施工は鹿島建設株式会社です。着工は2021年9月15日、竣工は2024年3月31日となっています。

出典・引用元

公益財団法人 日本消防協会 新日本消防会館建設に対する消防関係者のご協力(ご寄付)について
公益財団法人日本消防協会 新日本消防会館の建設について

過去の建設状況

→過去の建設状況


出典:公益財団法人日本消防協会

概要

名称 新日本消防会館 建設工事
計画名 新日本消防会館 建設工事
所在地 東京都港区虎ノ門二丁目18番1~5
用途 飲食店、事務所、会議室、劇場、展示場、駐車場
階数 地上14階、地下2階、塔屋1階
高さ 69.38m
構造 地上:鉄骨造
地下:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法 直接基礎
敷地面積 1,925.70㎡
建築面積 1,427.14㎡
延床面積 16,208.66㎡
着工 2021年9月15日
解体着手:2021年1月14日
竣工 2024年3月31日
建築主 公益財団法人 日本消防協会
設計 株式会社三菱地所設計
施工 鹿島建設
最寄駅 東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅、東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅、東京メトロ千代田線、丸ノ内線、日比谷線「霞ヶ関」駅
備考
 
 
 

位置図

標識

イメージパース

出典:公益財団法人日本消防協会

施設構成・イメージ

出典:公益財団法人日本消防協会

新日本消防会館 建設工事の完成予想パースです。

 

 

「ニッショーホール」の完成予想パースです。

 

 

「全国消防殉職者慰霊碑」の完成予想パースです。

 

 

2023年10月建設状況

西側から見た建設中の新日本消防会館 建設工事の様子です。

 

 

北西側から見た建設中の新日本消防会館 建設工事の様子です。

 

 

北東側から見た建設中の新日本消防会館 建設工事の様子です。

 

 

南東側から見た建設中の新日本消防会館 建設工事の様子です。

 

 

虎ノ門ヒルズステーションタワーから見た建設中の新日本消防会館 建設工事の様子です。

2023年10月7日撮影

最終更新日:2023年11月8日

タイトルとURLをコピーしました