(仮称)第7宮庭マンション建替計画

(仮称)第7宮庭マンション建替計画は、東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目に建設される地上27階、地下2階、高さ94.98mのタワーマンションです。立地は、東京メトロ副都心線「北参道」駅の南側、明治通り沿いに位置しており、既存建築物の「第7宮庭マンション」は地上13階、地下1階、総戸数79戸、1969年9月竣工のマンションとなっています。

建築主は第7宮庭マンション管理組合法人、設計は前田建設工業株式会社です。着工は2024年10月中旬、竣工は2028年7月下旬となっています。


概要

名称 (仮称)第7宮庭マンション建替計画
計画名 (仮称)第7宮庭マンション建替計画
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目13番2 他9筆
用途 共同住宅、店舗
階数 地上27階、地下2階
高さ 94.98m (軒高:89.98m)
構造 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法 直接基礎
総戸数
敷地面積 1,179.08㎡
建築面積 575.33㎡
延床面積 11,330.57㎡
着工 2024年10月中旬
竣工 2028年7月下旬
建築主 第7宮庭マンション管理組合法人
設計 前田建設工業株式会社
施工
最寄駅 東京メトロ、副都心線「北参道」駅
備考
 
 
 

位置図

標識

現地状況

東側、明治通りから見た(仮称)第7宮庭マンション建替計画の建設地の様子です。

 

 

北東側から見た(仮称)第7宮庭マンション建替計画の建設地の様子です。

 

 

南東側から見た(仮称)第7宮庭マンション建替計画の建設地の様子です。

 

 

既存建築物の第7宮庭マンションの低層階には、商業施設が入っています。

 

 

西側から見た(仮称)第7宮庭マンション建替計画の建設地の様子です。

 

 

北側隣接地では、地上11階、地下1階、高さ44.375mの中層ビル「(仮称)千駄ヶ谷三丁目計画」の建設が進められています。

最終更新日:2024年4月29日

タイトルとURLをコピーしました