岡山県警察本部庁舎

岡山県警察本部庁舎は、岡山県岡山市北区内山下2丁目に建つ地上13階、地下1階、高さ59.790mの高層庁舎です。立地は、南側を旭川、水之手筋に面した岡山県庁敷地内に位置しています。

外観デザインは、逆梁工法を採用、バルコニー周囲にアルミルーバーを配置して直射日光を遮る工夫が施されており、低層部分は既存庁舎との調和を考えた大判タイルが採用されています。災害対策面では、中間免震層よる免震構造の採用、自家発電機、無停電電源装置、緊急汚水槽等を設置しているほか、総合指揮室、通信指令室、交通管制センターなども一体的に整備し、災害対策拠点としての機能を維持することが可能な設計となっています。

建築主は岡山県、設計は日建設計・倉森建築設計事務所設計共同企業体、施工は西松建設・朝沼組・三幸工務店建設工事共同企業体です。着工は2017年9月、竣工は2020年6月30日となっています。


概要

名称 岡山県警察本部庁舎
計画名 岡山県警察本部庁舎建築工事
所在地 岡山県岡山市北区内山下2丁目4番6号
用途 庁舎
階数 地上13階、地下1階
高さ 59.790m (軒高:58.930m)
構造 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
免震構造(中間免震層)
基礎工法
敷地面積 20,286.62㎡
建築面積 1,560.98㎡
延床面積 19,752.32㎡
着工 2017年9月
竣工 2020年6月30日
建築主 岡山県
設計 日建設計・倉森建築設計事務所設計共同企業体
施工 西松建設・朝沼組・三幸工務店建設工事共同企業体
最寄駅 岡山電気軌道東山本線「県庁通り」電停
備考
 
 
 

位置図

写真

南西側から見た岡山県警察本部庁舎の様子です。

 

 

南西側から見た岡山県警察本部庁舎の高層部分の様子です。

 

 

南西側から見た岡山県警察本部庁舎の低層部分の様子です。

 

 

アルミルーバーを用いた外装デザインが特徴となっています。

 

 

エントランスです。

 

 

建物西側は鋭角になっています。

 

 

低層部分は、既存庁舎との調和を考えたレンガ調の大判タイルが採用されています。

 

 

南側から見上げた岡山県警察本部庁舎の様子です。

 

 

南東側から見上げた岡山県警察本部庁舎の様子です。

 

 

北側には地上9階、地下1階、延床面積34,631.68㎡、前川國男設計の「岡山県庁」が建っています。

最終更新日:2024年6月18日

タイトルとURLをコピーしました