ブランズタワー谷町四丁目

ブランズタワー谷町四丁目は、大阪府大阪市中央区常磐町2丁目に建つ地上31階、地下1階、高さ99.90m、総戸数174戸の超高層タワーマンションです。南側を中央大通、東側を暗越奈良街道、北側を常盤町通に囲まれた場所に建っていた「大阪HUビル」跡地に位置しています。

専有面積は41.49㎡~114.80㎡、間取りは1LDK~3LDK、共用施設にはエントランスラウンジ、天井高約4mのエントランスホール、各階ゴミステーション、ワークスペース、スカイラウンジ、フィットネスルームが入ります。関西初の実質再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンションとなり、全住戸・共用部の電力をマンション高圧一括受電供給の最大手であるNext Powerより、再生可能エネルギー由来の非化石証書を有する環境価値を付加した電気の供給を受けていることが特徴となっています。

建築主は東急不動産株式会社、関電不動産開発株式会社、設計は株式会社日企設計、デザイン監修は株式会社日建ハウジングシステム、施工は日本国土開発株式会社です。着工は2021年6月30日、竣工は2024年1月となっています。

過去の建設状況

→過去の建設状況


概要

名称 ブランズタワー谷町四丁目
計画名 (仮称)中央区常磐町二丁目計画
所在地 地名地番:大阪府大阪市中央区常磐町2丁目1番3
住居表示:大阪府大阪市中央区常磐町2丁目2番
用途 共同住宅
階数 地上31階、地下1階
高さ 99.90m
構造 鉄筋コンクリート造
制振構造
基礎工法 場所打ちコンクリート拡底杭
総戸数 174戸
敷地面積 1,107.68㎡
建築面積 699.76㎡
延床面積 17,340.36㎡
着工 2021年6月30日
竣工 2024年1月
建築主 東急不動産株式会社、関電不動産開発株式会社
設計 株式会社日企設計
デザイン監修:株式会社日建ハウジングシステム
施工 日本国土開発株式会社
最寄駅 Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目」駅、Osaka Metro中央線・堺筋線「堺筋本町」駅
備考 専有面積:41.49㎡~114.80㎡
間取り:1LDK~3LDK
共用施設:エントランスラウンジ、エントランスホール、各階ゴミステーション、ワークスペース、スカイラウンジ、フィットネスルーム
 
 
 

位置図

標識

立面図

イメージパース

出典:東急不動産株式会社/関電不動産開発株式会社

写真

南東側から見たブランズタワー谷町四丁目の様子です。

 

 

南東側から見たブランズタワー谷町四丁目の低層部分とエントランスの様子です。

 

 

南東側から見たブランズタワー谷町四丁目の高層部分の様子です。アウトフレームの外観となっています。

 

  

出典:東急不動産株式会社/関電不動産開発株式会社

「ラウンジ」のイメージパースです。

 

 

出典:東急不動産株式会社/関電不動産開発株式会社

「エントランスホール」のイメージパースです。

 

 

出典:東急不動産株式会社/関電不動産開発株式会社

「スカイラウンジ」のイメージパースです。

 

  

北東側から見たブランズタワー谷町四丁目の様子です。

 

 

駐車場出入口の様子です。駐車場収容台数はタワーパーキング70台となっており、一部は電気自動車対応パレットとなっています。

 

 

外構の様子です。敷地周囲には歩道状空地が整備されました。

 

 

北西側から見たブランズタワー谷町四丁目の様子です。

 

 

南西側から見上げたブランズタワー谷町四丁目の様子です。

最終更新日:2024年6月29日

タイトルとURLをコピーしました